2008年4月1日火曜日

東京都の多重債務者支援

以前にこのブログで紹介した東京都の多重債務者向け貸付制度が始まったようです。

多重債務者生活再生事業

東京都の人がこのブログを読んだわけではないでしょうが、以前の記事で私が書いた「カウンセリングとセットで運用して欲しい」という要望はかなったようです。→多重債務者生活再生事業の流れ

でも、実施主体「社会福祉法人東京都社会福祉協議会」申込先「有限責任中間法人 生活サポート基金」と、よくわからない団体名がふたつも登場するあたりはちょっと怪しい感じもします。いわゆる「天下り団体」にはならないことを願います。
また、貸付上限200万円、5%とは言っても金利を取るし、連帯保証人まで付けさせるというシステムが本当に多重債務者救済になるのかどうかは、今後の運用状況を見守って行くしかなさそうです。

この制度で200万円借り、6年で返済する場合、月々の返済額は約3万2000円です。
多重債務者が自己破産をして債務をなくし、生活建て直しの資金として借りた場合なら、この返済額でも大丈夫だと思いますが、任意整理などで他の債務の返済もしつつ、ということになると、この制度の利用可能者の最高年収600万円でもちょっとたいへんかもしれません。
どこまで債務者の生活に踏み込んで、生活実態に則したカウンセリングができるかが、この制度で本当に多重債務者の「生活再生」ができるかどうかの鍵となりそうです。